自 己 紹 介

自分の写真
京都市在中。自宅近くの嵐山周辺の西山や、桂川がホームグラウンドです。 現在飼育中の、数種のカエル・トカゲ・ 昆虫・鳴く虫の飼育記や、植物・ 野生生物を中心とした自然観察記、 釣り・山登りのレポートを記事にして いる、自然をこよなく愛す40代です(*^_^*)

2017年8月21日月曜日

そうだ!ナツエビネの花を見に行こう!

ナツエビネの花が、そろそろ見頃かと、
以前から目をつけていた場所を巡回してみました。

ナツエビネは、京都府では絶滅危惧種に指定されていて、
春咲きのジエビネが要注目種であることを考えると、
より、貴重度が高い野生ランです。

今回は、京都市内と美山で観察しました。

ナツエビネやエビネなどの野生ランは、人里離れた深山に生えているイメージが有りますが、
実は、京都市内でも十分に見ることが出来ます。

先ずは、カエデの大木に付いたシノブがお出迎えです。
シノブは、シノブダマなどで鑑賞されるように、
夏の風物詩として重宝されます。

枯木に、クモキリソウの群落が有りました。
クモキリソウは蘭の仲間ですが、花が小さくて地味なので、
観賞価値は低いようですが、葉が美しいので、私は大好きな野生ランです。

初夏の花期が終わり、花茎だけになっています。
不思議な事に、ザッと見たところ、種がついているクモキリソウはありませんでした。

どうやら、此処のクモキリソウは、バルブで増えているようです。

さて、ナツエビネのスポットにやって来ました。
じつは、私は沢沿いを探索することが多いせいか、
ナツエビネによく遭遇します。

エビネ類は、湿度が高いところを好むのですが、
特に、このナツエビネは、高湿度の場所・・・河原などによく着床しています。

空前絶後の、夢の様なナツエビネ群落です。
貴重度の高いナツエビネが、これほどまでに群落を作るとは!!
発見時は、飛び上がって喜びました(^O^)

花茎が上がっているもの有りましたが、
残念ながら、開花までもう少しのようです。
ただ、園芸時によく言われるような、花茎が黒くなり、
開花を待たずに朽ち果てる状態の花茎も多くありました。
自然下でもこのような状況なので、植栽のものに花をつけるのは、
大変困難であるだろうと感じます。

ウバユリが花を咲かせています

場所は変わって、京都府下のナツエビネ。
コチラも開花待ち。

かなりの大株です。
残念がら、今回(8月9日)の観察では、花を見ることが出来ませんでした。

お盆は、サービス業の私。
仕事で忙しくしておりまして、観察にいけませんでした。
きっと、キレイなナツエビネの花が見れたのでしょうが、
今年も、遭遇することが出来なさそうです。(*_*)

2017年8月4日金曜日

娘とクワガタ捕りにいきました

7月31日。
今年は、まだカブ・クワ捕りに行っていなかったので、
朝(と言っても、カブ・クワ捕りにはかなり遅い7時半)下の娘を叩き起こして、
近くの山へ行ってみました。

自宅から、車で5分ほどの場所なのですが、この辺りは
京都にありがちな杉林ではなく、雑木林なので、カブ・クワ濃度はかなり高め。
しかし、時間が遅いことから、あまり期待はしていなかったのですが・・・・

入山そうそう、ミヤマクワガタを発見!!

しかし、幾分高い所なので、取り敢えず蹴りを入れてみました。
「今から、この木を蹴ったらポトッって落ちるから、見失わんように、よ~見ときや」
と娘に監視役をさせて渾身の一撃!!

すると、ポトッポトッ。
ミヤマクワガタのオス2匹とメス1匹が落ちてきました。

開始早々、期待以上の成果にご満悦の娘。
娘(小3)は、現在、イトマンスイミングスクールの選手育成コースに通っており、
髪の毛も短く格好も男の子っぽいので、男の子によく間違われます。
それに、性格も男っぽくて、虫やカエルなどが大好き。
上の娘(中1)はとっくに私の相手はしなくなりましたが、
下の娘は、まだ喜んで、虫捕りや魚捕りに付き合ってくれます!!

だから。。。
普通なら嫌われる体裁のババヤスデも、この様に手に乗せて「カワイイ~」なんて言っております。
この辺りは、私の影響もかなり大きいかもしれません。

勿論、カナヘビもご覧のとおり。
いきもの全てが大好きなのです。

先日、両爬虫類を研究されている、
京都大学大学院・人間環境学研究科の西川先生の研究室におじゃましましたが、
そこでも、女性の研究者の方が活躍しておられました。
将来は、そんな研究者になってもらってもいいかなぁ。と思っていますが、
娘は「絶対、オリンピック行く!!」と言っています。

まぁ、親としては、2足のわらじで、生物研究をしながら、
オリンピックに行ってくれれば言うことなしなんですが・・・

高望みしすぎですが、夢は大きいほうがいいですものね。

 この日最大の7cmのミヤマクワガタを持つ娘。

帰宅後ノギスで測定。

結局、オスメス&チビクワガタを合わせて計12匹の大量捕獲。

娘は、「全部持って帰る~」 なんて、グズグズ言っていましたが、
「アカン!!メスは逃したり!」と、強制放虫。
 「メスは、卵を産んでくれるから、又来年たくさん捕れるよ」と言う言葉に、
娘も納得した様子です。

今年初のカブ・クワ捕りでしたが、沢山採れて、父親の面目も保てました。

2017年6月17日土曜日

京都市・ヒメザゼンソウ満開です

京都府レッドリストで、絶滅寸前種として記載されているヒメザゼンソウ。
ミズバショウやテンナンショウと同じくサトイモ科なのですが、
とにかく、この種は地域性や変異が多く、あまり分類も進んでいないそうです。

サトイモやカラスビシャクなどが食用にできるのみで、
その多くは有毒植物。
しかも、かなりキツイ系の毒素を持つ物が多いのです。

このヒメザゼンソウも有毒植物ですが、盗掘や開発でその姿を著しく減らしており、
今や京都府の絶滅寸前種に指定されています。


京都府でも絶滅寸前種なのですが、何故か私はよく目にします。
しかも、京都市内でです。
本当に絶滅寸前種かというくらい多く見かけます。

ヒメザゼンソウの花が咲く頃と、6月14日
京都市内の群生地を訪ねました。

なるほど、沢山のヒメザゼンソウが花をつけていました。


ヒメザゼンソウと言うわけで、花はかなり小さいですね。
親指の先ほどしかありません。

ヒメザゼンソウの花が咲く頃には、葉は枯れて消滅するとなっていますが、
この場所では、枯れかけてはいますが、まだ茂っています。

そんな茂みをかき分けてみると・・・
有りました。
ヒメザゼンソウの花です。

コチラはつぼみですね。


かなり大きな群生地です。

ヒメザゼンソウは、その葉形から、しばしばウバユリと混同されます。
確かに、ウバユリと大変良く似ていますが、葉脈のパターンが異なることと、
葉柄がスポンジ質であること、根がウバユリでは球根、ヒメザゼンソウが牛蒡状であることなどで
区別できますが、見慣れれば、直ぐに見分けがつきます。

こんな群生地が京都市内なんて素敵です。
まだまだ、京都も自然が残っているんだなぁと感じる瞬間です。

2017年6月7日水曜日

メダカビオトープのアサザ・花が咲きました

以前、「水湿紀行-1」で紹介しました、京都府絶滅危惧種のアサザ。

自宅のメダカビオトープ(アサザ専用)のアサザが、5月24日に一輪目が咲いてから、次々に花をつけています。
今日(6月7日)も一輪花をつけました。

【下の写真は、京都市の生育地の様子です】



そして、コチラが自宅メダカビオトープ(アサザ専用)のアサザの花。
キューリのような花ですが、結構大きくて迫力があります。
残念ながら、「水湿紀行」でも紹介しましたとおり、
アサザは同じDNA個体間では種をつけることが出来ません。
しかし、ランナーがよく出て、すごい勢いで増えていきます。

メダカビオトープも、一面がアサザに覆われていますが、
このように繁殖力が強い日本固有種の植物が、今や風前の灯火とは・・・

農薬・開発・外来種の繁殖・温暖化・・・
原因はいろいろとありますが、何れにせよ憂うべき事態ですね。

  よろしければ、お一つクリックお願いします・・・( ´ ω ` )
            
  押していただくと、ランキングに反映されるのです。
   関連ブログもチェックできます(^O^)
  Check!↓フッターにも季節情報があります

山の植物-23:京都北山、イワカガミが咲いています

今日は、少し古い話なしになりますが、UPできていなかったので、
少々お付き合いください。

ぼちぼちイワカガミやイワウチワが咲いている頃じゃないかと、
5月10日、京都北山へ行って来ました。
北山は、西山よりも標高が高く、高山性の植物も多数見られます。
この日は、あいにくの雲りぞら。途中で雨本降りに見舞われる最悪の天気で、
この季節には似つかわしくない、吐く息が白い一日でした。


イワウチワはある程度見かける北山でも、
イワカガミはこの場所でしか見たことがありません。
探せばあるかも知れませんが、何れにしても数が少ないのは確かです。


イワウチワとよく似ていますが、イワカガミよりも葉が大きく、
全体的に大型です。
イワウチワは、花が一輪ですが、
コチラは、房状に咲きます。

  よろしければ、お一つクリックお願いします・・・( ´ ω ` )
            
  押していただくと、ランキングに反映されるのです。
   関連ブログもチェックできます(^O^)
  Check!↓フッターにも季節情報があります

2017年5月17日水曜日

京都大学大学院西川准教授のヒキガエル調査に協力しました

京都大学大学院の准教授で、両生類を研究されている西川准教授。
https://sites.google.com/site/knishikawalab/
准教授が、現在行われている研究が、ヒキガエルの生息調査と、
アズマヒキガエルとニホンヒキガエルの分布調査です。

アズマヒキガエルはニホンヒキガエルの亜種で、
一般的には、アズマヒキガエルは東日本、
ニホンヒキガエルは西日本に生息していると言われています。

見分け方については、鼓膜の大きさや目と鼓膜間の距離と言われていますが、
アズマヒキガエルは、ニホンヒキガエルの亜種であるので、
だいたい・・・?と言う、かなりアバウトな線引きで、
ほとんど見分けがつきにくいのが現状です。
確たる見分けというのが、アズマヒキガエルと言う名前にあるように、
西日本と東日本での違いであると言いたいところですが、
現在は、人的移動により、その境界も曖昧になりつつあるようです。

そして、アズマヒキガエルとニホンヒキガエルの境界線が、
我が、京都であると言われていますが、
西川准教授の研究は、オタマジャクシor成体のDNA鑑定を用いて、
それを明確にすることです。

つまり、京都は境界で、アズマヒキガエルとニホンヒキガエルが混生しているわけで、
それらの生息地&個体を調査して、「天下分け目の関ヶ原」のような、
精密図を作ろうと言うのが狙いだそうです。

そこで、西川准教授より当方へ調査協力のご依頼があり、
さる5月11日、当方のホームグラウンドである西山の繁殖地へご案内しました。

京都大学は、東大と並ぶ日本の最高位の大学ですが、
そこで行われる研究ですから、我が国最高峰の研究と言っても差し支え無いでしょう。
それに、ヒキガエルの分布と言うのは、
研究者のみならず、我々飼育者にとってもとっても気になるトコロ。

この際、ハッキリとした研究結果を知りたいところですが、
調査に先立ち、私が先行で現地に様子を見に行った所、
残念ながら、成体もオタマジャクシも見られない。
産卵が、3月の12日でしたので、もしかしたら上陸したのかもしれません。
その旨も了承の上、当日調査に参りました。

京都大学大学院・西川研究室:調査の様子
やはり、当方の予備調査どおり、
残念がらオタマは上陸後の様子で、捕獲はできませんでした。

同時に、過去に産卵を確認した地点も見て回りましたが、
同じく、捕獲はできませんでした。

今回は、このような結果になってしまいましたが、
「自然とあそぶ」の私(SIGE)は、引き続き、
全国のカエル飼育者が気になるこの調査に協力していきます!!


  よろしければ、お一つクリックお願いします・・・( ´ ω ` )
            
  押していただくと、ランキングに反映されるのです。
   関連ブログもチェックできます(^O^)
  Check!↓フッターにも季節情報があります

2017年4月18日火曜日

2017ヒキガエルの産卵状況4

3月13日に、ヒキガエルが産卵しているか確認に行きましたが、
当方の予想通り、産卵をしていました!!
寒天状の卵嚢は、まだ弾力があり、産みたてでした。

ところで、なぜ、ヒキガエルの産卵日が予想できたかというと・・・
ヒキガエル産卵についての仮説★検証編1★
http://sige-no-sizen.blogspot.jp/2014/03/blog-post.html
にまとめていますので、よろしかったら御覧くださいm(_ _)m

それと、やはりオスだけが残っていました。
コチラの理由(仮説)は『ヒキガエルについての新たな疑問』
http://sige-no-sizen.blogspot.jp/2014/03/blog-post_30.htmlを御覧くださいm(_ _)m

ヒキガエルの卵の産み終わりです。
2列だった卵が、段々と・・・終わりには一列になっています。
実は、現場で観察していても、
ヒキガエルの有精卵率は恐ろしく悪いと思われます。
無精卵は、やがて白くなり、水カビのようなものが生えてきますが、
この時点では、皆真っ黒でまだ分かりません。

祈っています!!
今年もたくさんのオタマジャクシが生まれますように。



2017年4月6日木曜日

2017ヒキガエルの産卵状況3

3月10日。
今季3回めの観察へやって来たが、
オス4体とメス1体の計5体確認できました。

うち、一つのカップルがめでたく包摂状態でした!!

観察のために、表へ出てきていただきましょう。

クールなメスに比べ、
オスは「離してたまるか!!」とばかりに目を見開き、必死さが伝わってきます。

「蛙合戦」と言う名の通り、数が少ないメスを巡って、
多数のオスが狙っているからです。

ただ、ココの産卵場も数が年々減っているのは寂しい限りです。
今年は、ワンペアでの産卵になりそうです。

本年の産卵予想は3月12~16日の間と踏んでおりますが、
如何でしょうか?
次回報告いたします!!

2017年3月13日月曜日

今年も山菜採りが開幕しました・フキノトウ

待ちに待った春がやって来ました!!

・・・とは言ってもまだ寒いですが。

それでも、暦の上ではもう既に春。
それに、山へ出かければ、
ヒキガエルの産卵や春の芽吹きが。

そんな訳で3月8日に、フキノトウを求めて山へ行ってきました。

フキノトウは、春の山菜の中でも最も目覚めが早く、
これを求めて山へ行くのは、
山菜採り開幕の恒例行事になっています。

イワウチワや・・・

イワナシも花芽をつけています。

が、しかし、此処は山深い北山の奥地。
花芽達をよそに、こんな立派な霜柱が立っています。

市内中心部では決して見ない、自然の芸術ですね。


と、ここまで、家から原付きで1時間半。
何やら嫌な予感が・・・

う~ん?
こりゃ、場所の選択ミスかな?

こんなに雪深くっては、フキノトウどころじゃないなぁ~。

ここは、春じゃなくまだ冬でした。
しかも、寒い!!

私は、寒さに強い方ですが、
それでも寒いのだからよっぽど寒いのです。

それでも、この場所へ来たかったのですが、
なんと、道の除雪が此処で途切れ、やむなく断念。

仕方なく引き返し、去年収穫した場所に移動。
でも、雪景色が見れて満足です。
市内中心部から随分離れていますが、
こんな京都市も有るのです。


山奥から移動すること更に一時間半。
今度は幾分標高の低い山へ。

正確な場所はいえませんが、
金色に輝く京都の有名観光地へ連なる山です。
 来ました!!
フキノトウです。

丁度いい時期ですね。

幾分標高が低いとは言っても、それでも山。
ココにも、こんな氷の芸術がありました。
小滝の水しぶきが木の枝に飛び、それが凍ったものです。

さて、河原です。
フキノトウは蕗の花(蕾)ですが、
地下茎でつながっているので一箇所見つけると、
結構な数の収穫が期待できます。

ただ、難しいのは、やはり時期の見極めです。
なんせ、山菜類は直ぐに大きくなって食せなくなりますから。

又、期間が短いのも困ったもんです。
忙しさにかまけて行けなかったら、
もうシーズンが終わっています。

こんなに沢山収穫できました。

職場に持って行って皆でおいしく食しました!!
これからは少し休憩。
4月の中頃には、コゴミやタラの芽など、
本格的なシーズンが到来します。