自 己 紹 介

自分の写真
京都市在中。自宅近くの嵐山周辺の西山や、桂川がホームグラウンドです。 現在飼育中の、数種のカエル・トカゲ・ 昆虫・鳴く虫の飼育記や、植物・ 野生生物を中心とした自然観察記、 釣り・山登りのレポートを記事にして いる、自然をこよなく愛す40代です(*^_^*)

2016年11月1日火曜日

『水・湿紀行(水辺に暮らす動植物たち)』-3:ミズオオバコ

ミズオオバコという、水生植物があります。
名前の由来は、道端に生えている「オオバコ」に似ているからという、
単純明快な名前の由来なのですが、
なるほど、その通り、確かに似ています。

道端のオオバコは、どこでも見かける、ありふれた植物ですが、
(食することが出来、山菜として紹介されていることが多いです)
このミズオオバコ、
実は、全国各地で、激減しており、
今や絶滅危惧種に指定されている事が多いのです。


当然、我が京都府でも、絶滅危惧種に指定されていますが、
職場から、そんなに遠くない水路で、発見しちゃいました(^O^)

このミズオオバコ。
不思議な事に、その水路の一部の区間しか、生息していませんでした。

やはり、水流や、水質、着床土壌など、
微妙な『何か!』があるようです。

そのミズオオバコのサンプルを採取し、
自宅植栽していると、9月下旬から、10月中旬にかけて、
可愛らしいピンクの花をつけました。

2株から、3~4輪。
一日花ですが、可憐で美しい花です。
ちなみに、このミズオオバコのサンプルケースには、
夏に孵ったメダカの幼魚が泳いでいます。


さて、一方、所変わって滋賀県某地。
コチラのミズオオバコは、京都のものと違って、
かなり大きいのです。
当然、花も大きく立派でした!!
もしかしたら、「オオミズオオバコ」かもしれません。

ただ、この水路は、かなり水が汚い!
この水に手をつけてのサンプル採取は、
大いにためらうような汚さでしたので、
結局採取はしませんでした。

ミズオオバコが減った原因は、農薬の使用や水質汚濁ということですが、
この個体郡を見る限り、水質汚濁は、あまり関係ないような・・・

それとも、この水路の水質は、
見た目より綺麗ということか!?

・・・ 
いやいや、やっぱり汚いでしょ(*_*)

  よろしければ、お一つクリックお願いします・・・( ´ ω ` )
            
  押していただくと、ランキングに反映されるのです。
   関連ブログもチェックできます(^O^)
  Check!↓フッターにも季節情報があります

2016年10月9日日曜日

カエル飼育の皆様へ!冬眠準備を始めましょう

カジカガエルの鳴き声も止んで久しく、
いよいよ、秋も本番に入ってきました。

皆さんのカエルの調子はいかがでしょうか?

当方は、今年の夏は厳しく、そして、
悲しい夏でした。

まず、5年間飼育した、アマガエルの「JB」と、
4年飼育したシュレーゲルアオガエルの「ミドリ」が、
死んでしまいました。

2匹とも、とても慣れており、
愛らしい姿を見せてくれていたのですが・・・

死因は、ハッキリしないですが、
寿命と思い、悲しみを飲み込みました。

特に、「JB」は、当ブログのファビコン(タブの画像)にもなっていますので、
とても、悲しく寂しかったですね。

さて、当方のカエル又、皆さんのカエルが、
元気に冬眠&来春の目覚めを迎えられるように、
冬眠前の準備をいたしましょう!

遅くても、11月後半~12月初めには、冬眠に入ります。
そして、翌年、4月半ばくらいまで、
餌をとらない・・・いわゆる、冬眠状態になります。

そのために、この時期は、何よりもまず、
餌をたくさん与えてください。

河原や公園に行ってみてください。
きっと、コオロギやバッタが見つかるはずです。

自然は、本当にうまくできていますね。
冬眠前に、餌をたくさん取らなければならない時期に、
コオロギやバッタが沢山出てくるのですから・・・

もし、コオロギが沢山採れたら、ストックしましょう。
餌は、葛の葉や人参、金魚の餌で十分です。
水切れさえしなければ、卵を産み、
来春には、亜成体ガエル用に丁度良い餌になります。

特に、小さな体で亜成体ガエルになる「ヒキガエル」には、
コオロギの仔がベストです。
上陸した、ヒキガエル亜成体。
苔の大きさと比較すれば、どれほど小さいかわかるはず。
あと、苦手じゃなければ、クモもいい餌になりますし、
自然環境下では、特にカエルたちも好んで食しています。

ただ、クモの仲間は喧嘩が激しく、特にジョロウグモは、
捕まえて、ナイロン袋で持ち帰っても、
家につく頃には、半数くらいになりますが・・・

自然採取が難しい場合は、ペットショップで餌用のコオロギや
デュビア(つまり、餌用ゴキブリ(*_*))も売っていますし、
ミルワームも保存がきいて便利です。

この様に、これからの季節は、とにかく餌を与え、
「少々メタボ気味かなぁ?」ってくらいで丁度いいです。
動いているものに反応するカエルとて、
腹一杯になれば、餌を追わなくなりますので、
カエル任せで、結構です。

  よろしければ、お一つクリックお願いします・・・( ´ ω ` )
            
  押していただくと、ランキングに反映されるのです。
   関連ブログもチェックできます(^O^)
  Check!↓フッターにも季節情報があります

2016年9月26日月曜日

アオリイカ開幕戦の結果は如何に!?

今秋もアオリイカのシーズンがやって来ました。
少し前の話になりますが、
9月1日に、開幕戦として、少しい遠出をして山陰海岸へ行ってきました。
と、いいましても、今回は所用のついでという形になりますので、
あくまでも、釣りはオマケということで・・・
(釣果が悪かった言い訳ではありませんので!!!)

それと、運悪く、台風が来ておりまして、
東北・北海道に甚大な被害をもたらした台風ですが、
遠く離れたこの地でも、風が強く、海は大荒れでした。
(再度繰り返しますが、釣果が悪かった言い訳ではありませんので!!!)

そんな訳で、8月31日から現地にいたわけですが、
初日は、少しの合間を縫って竿を出したものの全く釣りにならず、
(再々度繰り返しますが、釣果が悪かった言い訳ではありませんので!!!)
風で全く飛ばないエギを、無理やり投げ続けていましたが、
糸が風で煽られ、アオリイカならぬ「アオリイト」で、あえなく納竿。

なんせ、波止の継ぎ目から、波とともに間欠泉のように
定期的に水しぶきが上がる始末。

翌日、夕方に時間が出来たので、
今度は、前日の場所から少し離れた漁港へ。

既に、数人のエギンガーが。
少し話しましたが、殆ど地元の方。

風・波は昨日より幾分マシという程度で、
結構キツく、外海側には投げられないので、
湾内でキャストし続けるも反応無し。

隣のおじさんが、「カマスが回ってて、イカが寄ってこん」て言ってたとおり、
誰も、釣れていない様子。

そんな中で、一時間ほどキャストした頃に、
軽い重みが。。。


上がってきたのは、アオリではなくコウイカでした。
しかし、一匹でも、釣果があったので良しとしましょう。

その後、カマスがいるなら・・・と、
エギをルアーに変えて数回キャストしましたが反応無し。

時間が来たので、午後4時前に納竿。
これから、家路までの長い距離、帰路につきます。

寂しい釣果でしたが、
これからは、暫く楽しめますので、
次回に期待しましょう!!


  よろしければ、お一つクリックお願いします・・・( ´ ω ` )
            
  押していただくと、ランキングに反映されるのです。
   関連ブログもチェックできます(^O^)
  Check!↓フッターにも季節情報があります